アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小坂鉄道」のブログ記事

みんなの「小坂鉄道」ブログ

タイトル 日 時
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 52 しゃれたデザインのアパートを荒廃させるとは!!!
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 52  しゃれたデザインのアパートを荒廃させるとは!!! ☆大館市役所の総務課あてに問い合わせのeメイルを送信した。 御成町2丁目にある市営御成町アパートについて。 建設の年月日、設計者と建築会社、毎年の修繕費用??? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/04 19:16
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 51 JRはJR、でいいわけがない
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 51 JRはJR、でいいわけがない ☆JR奥羽本線と花輪線の大館駅を若草ロードから撮影した。秋田DCのイベントは派手だったが、地域の自冶体が協力したのだから、内陸鉄道の列車が大館駅まで乗り入れられるようにJRが努力してくれればいい。小坂鉄道を復活させる運動にもさまざまな利益があるだろう。しかし、現実はそう明るくない。JRはJRだ、と威張っているところがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/14 23:41
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 50 近代化の重要な歴史的遺産だから
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 50 近代化の重要な歴史的遺産だから ☆3月19日、大館市とDOWAグループの譲渡契約が成立して、旧小坂鉄道敷地が4月1日付けで大館市の所有になる。公共のために役立てるという条件がある。北鹿新聞によれば、譲り受けた資産は土地961筆、鉄道の橋梁22基、駅舎など建物7棟、踏切やレール、通信線電柱、貨車など土地に付属する全ての設備。JR大館駅前の旧小坂鉄道大館駅敷地と線路の敷地については大館市がプロジェクトチームを設置して活用法を探る。バス・ターミナル建設案と樹海ドームまでの道路案が出ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 18:39
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 49 最終的には小坂駅と大館駅をつなぐ鉄道に
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 49 最終的には小坂駅と大館駅をつなぐ鉄道に ☆小坂鉄道は大館市が譲り受けることに決まった。しかし、小坂町との境界線まで。高原のふもとだから、中途半端である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 02:08
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 48
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 48 ☆12月12日午後リヴァー・ポートにめずらしく訪問者数人。毎年夏のイベントを開催するゼロダテアートセンターのメンバーで、その一人東京から来た松淵得雅君といろいろ話をしてから、小坂鉄道の復活運動についてどう思うか、インタヴューした。 ―小坂線の開通に関しては肯定的ですし、アートのイベントで使用したい、というのはあります。 短いコメントだが、現実化すればいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/12 22:18
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 47
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 47 ☆6月6日長木川源流の支流支根刈沢川を撮影するためにサイクリングした。茂内駅は階段と駅舎の前が雑草におおわれて、歩くのが危険だった。元気に動ける住民が少ないので、仕方がない。帰りに新沢駅を遠くに見ると、屋根のトタンが数枚はがれていた。これは小坂製錬が修理するべきだが、旅客列車の運行末期と同じく放っておくのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/18 21:50
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 46
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 46 ☆4月21日午後、冬が終わったような空なので、今年はじめて大館駅前に行った。小坂鉄道旧大館駅跡の黒っぽい雪捨て場を撮影しようと思った。しかし、残念ながら雪の山は消えかけていた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 00:18
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 45
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 45 ☆去年の秋YOUTUBE に小坂鉄道のヴィデオを2本アップした。旧大館駅と長木渓谷での映像。きのうひさしぶりに見てみたら、アクセスは174、56。あいかわらず人気がないと思ったが、アメリカのヴュワーのほかにはじめてヨーロッパ諸国のヴュワーが増えていた。理由は何かな、と思案中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/28 02:11
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 44
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 44 ☆2月1日今年はじめて御成町の小坂鉄道のシーンを撮影した。線路は、捨てられた雪におおわれていた。踏み切り番の小屋はいつもかわいいが、冬の日は大陸の平原にあるかのような寂しさを感じさせる。しかし、そこには小さい建物が持つ人間的な暖かさと強さがある。これは文化遺産として保存するべきだろう。 小坂鉄道の再生に関しては、苦労知らずの人たちが主導権をにぎると、遺産の食いつぶしで終わると思う。実際、20世紀末からの小坂鉄道はその犠牲である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/09 19:08
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 43
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 43 ☆小坂鉱山事務所は外観の色が何度か変化した。この写真はいつごろのものかわからないが、屋根が赤っぽい。材料はトタンかな? 現在地の建物を見ると、正面の入口の屋根は細い杉板でふいていた。亜硫酸ガスに強いから、合理的である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 02:03
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 42
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 42 ☆大館駅には変化がない。雑草が色づいただけ。レールはいずれ取り外される日が来るだろう。 フランスではSNCF国鉄がストライキの予定らしい。デモとストライキは毎年お祭のように実行するので、別におどろかない。放送局もやはり仕事より一生懸命にやっている。 一方、日本列島は? デモとストライキのニュースを見たのはいつだったか? 金ばかり追い求めれば、罠にはまる。自由がどこにもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/11 21:36
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 41
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 41 ☆最近は小坂鉄道に関する情報がない。 しかし、地域の人々やファンの関心があせたとは思えない。 ぼくも新しい関連情報を持っていないので、古い時代をたずねて小坂鉱山事務所の写真をのせる。新築直後の明治41年に撮影されたという。線路は今でも鉄橋だけが残っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/22 01:36
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 40
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 40 ☆鉄道を撮影した写真と映像を見ると、どれも型にはまっていることにあきれてしまう。権威が認めた作品を模倣しなければいけないという法律でもあるかのようだ。小坂鉄道も例外でない。機関車、腕木式信号などの古典的なオブジェ。アングルには個性が全然ない。背景については考えたことがないにちがいない。しかし、カメラには異常にうるさい国民である。撮影者自身について振りかえる余裕を持つべきだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/14 20:43
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 39
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 39 【価値観やライフスタイルの多様化】 〈我が国の経済社会の成熟化に伴い、「個」の重視、自己実現意識の高まり、「快さ」やゆとり・あそびの追求、従来の枠にとらわれない多様で柔軟な時間の使い方等、人々の価値観やライフスタイルの多様化が進んでいる。/乗っている間の「時間」・「空間」の「質」が問われるようになってきている。〉-交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会の報告書 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/18 01:00
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 38
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 38 ☆小坂鉄道の旧大館駅跡地をひさしぶりに撮影した。市民でなくても荒地だけではおもしろくないので、同じ地点からJR大館駅と広場にスパンした。この二つの駅を歩いたことがある人は、そう多くないだろう。 ところで、小坂町役場がリンクを付けた交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会(国土交通省)のレポート〈環境新時代を切り拓く、鉄道の未来像--鉄道がつなぐ、エコフレンドリーな生活圏(「鉄道エコ生活圏」)の創造に向けて--〉を読むと、予期しなかった新鮮な言葉が連なっている。 第1章の〈地球環境問題の深... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/12 18:54
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 37
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 37 ☆川の撮影で鹿角地方をサイクリングしながら、ときどき思った。 キー・ステーションのJR花輪線十和田南駅前から小坂町に行くのに非常に長く感じる。小坂川沿いの空気のきれいな道を通るが、小坂町から十和田南駅前に行くのも、やはりなぜか遠く感じる。小坂鉄道の始発駅とJR十和田南駅を結ぶ鉄道があれば、楽なんだが、なあ。 それを想像した人は少なくないと思う。悲恋伝説のように過去にこの2点間がつながらなかったのは、おかしい。 しかし、最新の情報によれば、無情なことに小坂鉄道にはもう普通の旅客列... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 19:56
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 36
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 36 ☆きのう6月5日午後、小坂鉄道再生に関して小坂町にe_mail を送信した。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 17:11
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 35
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 35 ☆大正時代の映画草創期から映画界をリードした監督山本嘉次郎のエッセーか何かを読んでみたいと思って、市立中央図書館で探したが、全然なかった。インターネットにおもしろいのがあった。1974年の死の数年前、親子丼の味について、材料の鶏肉は比内鶏でなければいけないと書いて、こう決意を語る。〈すべて根本からやり直さなければいけない。〉理想の追求にかける情熱が再生小坂鉄道のエネルギーであってほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/19 21:44
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 33
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 33 ☆10月18日午後、見晴台から小坂鉄道2号トンネルに行った。牧場から降りるのが危険なので、県道大館十和田湖線の小坂町と大館市の境界を出たところから線路を歩いた。ぺんぺん草があちこちに生えていた。約2キロメートルでトンネル入口のカバーが見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 19:59
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 32
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 32 ☆茂内沢の川の下流を撮影して、小坂鉄道のさびたレールを横断した。雑草が伸び広がっていた。最初の写真は駅のプラットフォームがあったところで、名前を忘れたが、印象的な風景だった。建物は鉄工所の工場である。次のはその近くを流れる川の鉄橋で、よく耐えてるな、と思う。小坂町に向かう鉄道の写真は、列車がないと、おもしろくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 20:09
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 31
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 31 ☆小坂町が小坂鉄道の旅客営業再生に向けてスタートした。7月17日付の北鹿新聞によれば、7月臨時議会で小坂町議会が再生調査費(約299万円)を可決承認、再生の可能性を探る。沿線住民としては、小坂町議会の動きがやっと目に見えるようになったので、希望の片道切符を手に入れた感じだ。ただ鉄道所有者の小坂製錬がどう考えているのか、ということに関しては報道がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 14:22
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 30
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 30 ☆小坂鉱山事務所は帝国を支えたが、2001年4月29日明治100年通りに再現されて町の文化を推進する主役になった。旧小坂鉱山事務所とは呼ばない。その建物が決して民主主義の時代にあるのではないという意識の表現だから、なのか?洋館の中に霊が住んでいても、おかしくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 21:33
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 29
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 29 ☆前の写真では自転車置場がクローズ・アップされていた。確認したわけじゃないが、丘の上にある小坂高校のものだろう。そこから左にスパンすると、秋北バスの操車場とわびしさが漂う待合室らしい空間がある。用水路のように見える流れは、高原では立派な川だった。メイン・ストリートをまっすぐ行けば、小坂鉄道の踏み切りと駅、明治100年通りに出る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 01:29
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 28
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 28 ☆小坂町と言えば、小坂製錬所である。小坂鉄道に乗れば、列車が1号トンネルを過ぎて急斜面をターンするとき街並みと製錬所が窓に浮かぶ。ヴィデオ・カメラで撮影していれば貴重な映像になっていたが、この写真は東北ハイウェイが通る高原から下りたところで撮影した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 20:17
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 27
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 27 ☆始発駅の小坂駅は明治100年通りに面している。 線路と劇場とアカシアの並木は、絵に描いたようなハイカラな風景である。 大館駅から500円で明治文化の残影を楽しめた。小坂鉄道が再生すればいいな、と思う。  大館駅から小坂駅まで気まぐれに駅の写真を載せて、案内した。 他にも駅があったけれど、跡形も残っていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/16 19:08
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 26
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 26 ☆大館市と小坂町の境を越えると、峠がある。自転車で登るのは、排気ガスなどで汚れた空気を吸うので、楽ではない。大自然に浸りたければ、大地集落への古い道を通ればいい。小坂鉄道はトンネルに入る。上には2号スキー場と呼ばれている牧場が広がる。ただ道路脇にある運輸会社が気分をぶち壊す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 19:13
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 25
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 25 ☆篭谷駅跡をわざわざ教えてくれたおばあさんに、旅客列車を復活させる運動をやってる、と言うと、バスに乗る苦労を話してくれた。急な坂を降りて小さい橋を渡り、急な坂道を登り、やっと県道のバス停留所にたどりつく…冬でも。それが近道である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/29 22:54
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 24
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 24 ☆篭谷駅は、大館市内の最後の駅だったが、今は跡形もない。住民の少ない地域に駅が作られたのは鉱山会社のサーヴィスか、と長い間思っていたが、秋のナマズ沢源流アドベンチャーでSF的な光景の鉱山跡を見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 01:04
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 23
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 23 ☆茂内駅を出ると、長木川源流の鉄橋にさしかかる。そこから見た流れと風景はなかなか美しいが、古いヴィデオから取るのがめんどうなので、いずれ暇があるときにのせたいと思う。鉄橋を越えれば、小坂町との境界である高原に向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 21:53
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 22
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 22 ☆茂内駅から大館方面を振り返る。鉄道写真マニアに人気がある。転轍機などのクラシックな装置がめずらしいからだろうか?道具の固有なフォルムが今はかなり失われてしまった。これは生活の中でも言えることである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/01 16:33
小坂鉄道 KOSSAKA REILWAY 21
小坂鉄道 KOSSAKA REILWAY 21 ☆茂内駅は小坂鉄道の中心駅である。長木川源流の杉で栄えた地域なので、茂内屋敷は小さな町だった時代の面影を残している。この駅のプラットフォームで眺める風景には、何とも言えない味わいがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/12 18:19
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 20
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 20 ☆新沢集落を通る狭い県道は、バイパスが建設されている。山神堂橋から見ると、鉄橋の向こうにコンクリートの新しい橋と護岸がある。大新沢川が長木川に流れ込む地点である。山神堂橋から山に行くと、牛に会える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/16 01:50
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 19
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 19 ☆新沢駅の建物は、ブロックの壁を立体的に使って、なかなかモダンなデザインである。この駅舎は芸術的な空間に向いているな、と思ったものだ。線路の向こうに並んだアカシアの林も、いい感じだった。小さい集落の駅だが、設計者の愛情が生きているのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/04 20:03
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 18
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 18 ☆新沢駅の内部。住民が乗り降りしていた時間をリアルに感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 17:59
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 17
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 17 ☆新沢集落に入る前の田んぼ道の向こうに、青いトタン屋根とブロックの小屋が見える。そうは思えないが、人が乗り降りしていた新沢駅の建物である。撮影したのは、長木川ドキュメンタリーのときだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 04:21
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 16
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 16 ☆記憶の中では小雪沢駅は何となくかわいい建物だった。乗り降りしたことがないので、よく想い出せないのかもしれない。小坂鉄道のマッチ箱列車さえ若いころは眺めるだけの風物詩でしかなかったのだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 18:35
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 15
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 15 ☆二の渡り橋の踏切りと保養施設への小道。アジサイがきれいに咲いていた。どこかで見たような、どこにでもありそうな風景が気に入ってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 15:07
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 14
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 14 ☆サイクリングのとき二の渡り橋を渡ると、鉄橋のわきで一休みする。周辺の光景と自然が気持いい。現実的に言うと、肺に優しい空気がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 19:31
小坂鉄道 KASSAKA RAILWAY 13
小坂鉄道 KASSAKA RAILWAY 13 ☆列車は一の渡り橋から山々を縫うように走る。TV番組の聞きなれたナレーションのようだが、日本の自然をイマジネイティブに言い表わしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 16:21
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 12
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 12 ☆大館駅から2番目の下代野駅跡。樹海ドーム建設事業が駅前で本格的にはじまると、同和鉱業は赤字という理由で旅客列車を1994年廃止した。沿線住民は不意を襲われたような思いだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 20:10
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 11
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 11 ☆代野を流れる用水路の散歩道から線路に出て、小坂へ通じる樹海ライン方面を撮影した。マックスバリュとイトクがパチンコ産業地域で仲よくやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 16:55
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 10
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 10 ☆下町橋と代野を結ぶ観音堂通りの太田面(おおたおもて)踏切り。通りの名前は、こちらが勝手に付けている。3中通りと呼べば、イメージを想い浮かべて理解できる市民が多いにちがいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/21 14:51
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 9
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 9 ☆有浦の辺りは住宅街で、日付は忘れたが、アクシデントが発生しやすい区域だ。黄色は注意の喚起と危険を知らせるための記号である、と思っていい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 18:06
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 8
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 8 ☆御成町踏切りからすぐ花岡線の跡が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 16:36
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 7
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 7 ☆小坂鉄道の御成町踏切り周辺を見る。最初のシーンは、JR大館駅前の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/14 18:45
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 6
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 6 ☆大館市の中心街の玄関口にある御成町踏切り。昔は発展のネックと言われたが、政治よりはネックじゃない、と市民は遅まきながら気づいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/11 18:51
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 5
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 5 ☆朝のJR大館駅。こちらは人間を運んでいる鉄道である。バス乗り場をクローズ・アップした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 07:59
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 4
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 4 ☆小坂鉄道大館駅前の踏切り。斜め右の空地が旧大館駅跡。道路の向こうにはJR大館駅がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/08 12:34
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 3
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 3 ☆大館駅に停車中の硫酸タンク貨車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/07 12:39
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 2
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 2 ☆旧大館駅の正面。この駅舎は2001年に解体された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 09:42
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY 1
☆大館駅---貨車専用駅。小坂鉄道は残念ながら今は貨車だけ走っている。1日2往復。 Filming;2006.9.27 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/04 16:28
小坂鉄道 KOSSAKA RAILWAY
>☆旧小坂駅 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/01 17:07

トップへ | みんなの「小坂鉄道」ブログ

ジャニー 小坂鉄道のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる