有栖川宮通り 87 パリで北海道・北東北縄文遺跡群のむだなJOMON展

画像


☆北海道・北東北縄文遺跡群の「JOMON展」がパリのノルマンディ・ホテルで開かれたそうだ。[1]

貧しい国民の税金を溝(どぶ)に捨てるような企画だ。目的が怪しい。
なぜ何度も審査に落ちるのか、反省すれば、こういうことはやらないだろう。

フランス人が縄文遺跡群の世界遺産登録運動を支援しないのは分かりきったことである。極東の島の関係者はその理由についても考えなければならない。フランス人も本当のことを話さないだろう。第一、フランス語が分からない人を相手にしたがらないから。美人は例外だ。

推進本部長三村申吾青森県知事は、収支報告書をインターネットに公表するべきである。

---貧しい国民の一人より




1 パリでJOMON展 縄文遺跡群をアピール 世界遺産登録に向け北鹿新聞 2019-03-25


Filming; 2018.10.23 大湯ストーン・サークル



画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック